スタッフインタビュー

入社して感じたことはなんですか?

会社全体の雰囲気としてはみんなフレンドリーな印象を受けました。業務のなかでわからないことがあれば、すぐに教えてくる先輩が多い印象を受けました。
仕事の内容としては現場の発注や資料の作成、現場では控室のセッティング、フロアディレクターなどやることは多いと感じますが、良い番組作りのためには重要になるので緊張感をもって取り組んでいます。

tcjを選んだ決めてを教えてください。

テレビ業界で働きたいと思っていてその中でもスポーツ中継がしたいと思っていました。高校の時、野球をしていてその時の大会で自分の試合が中継をされた経験があり、自分もその選手をテレビを通じて伝える人になりたいと思い、スポーツ中継に携わる仕事につきたいと思ったのがきっかけでした。
その中でボートレースというまったく違うスポーツの種目でしたが、スポーツ中継に強みを持っていたtcjで働きたいと思い、この会社に決めました。

今の仕事内容について教えてください。

日本レジャーチャンネルというボートレース専門チャンネルでボートレースの中継業務をおこなっています。
主に中継までにはお弁当や飲料の発注、現場で必要な物の買い出しなどの業務をしています。現場での中継ではレースに勝った選手のインタビューを行うフロアディレクターをしています。

3か月がたって、この仕事をしていて良かったな、これは面白いなと思うのはどんな時ですか?

実際に現場にいって選手を間近で接し、それを見ている人に伝えることができるのは面白いなと感じました。実際に一般の人では入れないところに入り、選手の映像やレースを届け、見ている人に届けることができるのは限られた人のみだと思うので貴重な体験ができ、よかったなと思います。

あなたが携わっている番組でやってみたい取り組みはありますか?

ボートレースの選手にフォーカスした番組を作ってみたいです。いつもはレースでは見せない表情を伝える番組を作ってみたいです。
実際に現場で選手の姿をみて、選手それぞれにレーサーとしての人間模様があるなと思い、それを伝え、ボートレースの楽しさを違った視点で取り上げたいなと思っています。

お休みの時はどんなことをされていますか?

家でYouTubeをみたり、家の愛犬とまったり過ごすことが多いです。
友達と予定が合う日があれば、カメラが趣味なので、街中や少し遠出をして写真を撮っています。

制作会社を考えている就活生にメッセージをお願いします。

実際にテレビの現場はやることが多く、大変なこともありますが、大変だからこそやりがいが大きい仕事だと思います。その中でも自分がやりたい番組を明確にして、「こんな番組が作りたい!」という強い気持ちがあればやっていける業界だと思います。
大変なこともあるけど、それ以上に一般の人にはできない経験ができると思うので恐れずに、この業界に飛び込んで来てほしいです。